So-net無料ブログ作成
検索選択
.COMマスター ブログトップ
前の10件 | -

合否通知及び認定証到着 [.COMマスター]

去年の12月27日にホームページ上で合格が判明してから約半月弱。
やっときました合否通知&認定証!!

いやぁ・・・・うれしいですね。
認定証書もしっかりしてて比較的おしゃれな感じの認定証ですね。

そして・・・気になるテストの達成度ですが・・・・
インターネットの基礎概念:★★★★★
②インターネット接続に必要な回線・機器:★★★★☆
③常時接続環境構築に必要な設定に関する知識:★★★★☆
④情報公開のための関連技術:★★★★☆
ネットワーク運用に必要な知識:★★★☆☆
⑥インターネットのビジネス活用:★★★★☆
総合:★★★★☆

⑤が微妙ですね・・・・。
自信がなかったので、これだけ達成できてて一安心です。
ただ・・・この試験・・・検定問題の持ち帰りもできないし、たぶん正解も発表されない・・・。
再度受けようとするときにはちょっと不親切かもしれないですね。
年単位で受験して知識の定着を目的としてる資格なんだからその辺のフォローはしっかりしてもらえるといいですね。
ただでさえ・・・受験勉強のための書籍が少ないですからね・・・。
今まで取得した資格の中でもっとも勉強しづらい試験だったことは確かです・・・・。

さて・・・気持ちを切り替えて社労士の勉強をせねば。
社労士はガタガタでしたからね・・・・・。

.com Master教科書 .com Master★★2006

.com Master教科書 .com Master★★2006

  • 作者: NTTラーニングシステムズ株式会社, NRIラーニングネットワーク株式会社
  • 出版社/メーカー: 翔泳社
  • 発売日: 2006/04/18
  • メディア: 単行本


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

インターネット検定<ドットコムマスター>ダブルスター合格!! [.COMマスター]

本日は、なんと・・・第12回インターネット検定の合格発表日でした!
今月の最初に受験して、2部の出来がいまいちだったので、ずっと不安でした。

とりあえず、11時から合否発表とのことだったので、携帯から受験番号とパスワードをいれて合否検索・・・・
すると・・・なんと・・・大事な合否発表の部分の画像がサイズが大きすぎて携帯ではみれない(--;
携帯用サイトじゃなかったからかな・・・・
なので、ネットにつなげることのできる同期(うちの会社は全員にネット閲覧の権限がありません。)に頼んで、再度合否検索。

すると・・・合格おめでとうございます の文字が(涙)

これで、前回の社労士試験でついた負け運を払い落とせた・・・かな。
社労士試験に向けてますます気合が入りました。

来年はトリプルスターの取得も視野にいれて頑張ろう!


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

試験終了~ [.COMマスター]

本日、.COMマスターの試験終了しました。
一部はまぁまぁよく出来たんですが、二部は難しかった・・・・。
ちょっと合格は微妙・・・かな(涙)
合格ラインにギリギリ乗るか乗らないかというところっぽい。

まぁ・・・気持ちを切り替えて、今夜からは社労士勉強です。
今月は労災保険健康保険の復習です。

明日からまた5日間がんばろー


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

.COMマスター勉強中その8 ☆個人情報保護法☆ [.COMマスター]

今日は、いい天気でしたね。
試験前ということもあり、今日も山登りは断念です。
来週の土曜日はインフルエンザの予防接種&実家訪問があるため、また山登りできるか微妙な状態・・・。
かるく1ヶ月くらい登ってないですね。サボりすぎかな。

さて・・・そろそろ.COMマスター勉強も終わりを迎える頃ですが、最近はやりの個人情報保護法についてまとめてみたいと思います。

個人情報保護法で、定義される個人情報とは「生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日その他の記述等により特定の個人を識別することができるもの」となってます。
まず、ここに誤解が多いですよね。
新居探しをしていたときに某大手不動産チェーンの店員さんに、「どのくらいの年齢層の人が住んでるんですか?」と聞いたところ「個人情報保護法の関係でお教えできないんですよ」と言われましたが、これは個人情報保護法とは無関係です。
プライバシー権には抵触するかもしれませんけどね。

そして、個人情報取扱事業者の定義については「個人情報データベース等を事業用に供しているもの」の中で、取り扱う個人情報が5000件以上の事業者のことをいいます。
なので、それ未満の個人情報を取り扱う場合には、この法令の適用は受けません。
受けないからと言ってずさんな管理をしていいというわけではありませんが。

そして、この法律の中で、個人情報取扱い事業者は以下の義務を負っています。
①利用目的による制限の義務
②適切な取得の義務
③正確性の確保の義務
④安全性の確保の義務
⑤透明性の確保の義務
そのほかに、苦情の適切かつ迅速な処理にもつとめなければいけません。

分かっているようで分かっていない個人情報保護法。
しっかり整理する必要がありそうです。

さて・・・もう少しガンバロウ。

雑談(?)
昨日の記事で、社労士受験が厳しいと書きましたが、社労士の受験&取得をあきらめたわけではありません。
なので、.COMマスターが終わったらまた勉強再開します。
今まで以上に気合をいれてね。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

.COMマスター勉強中その7 ☆著作権法☆ [.COMマスター]

今回は趣を変えて、著作権のお勉強です。
著作権については、基本情報技術者や、たしか初級シスアドでも学習する科目のはずです。

さて・・・そもそも著作権法とはなにか。
それは、「文化的な作品の著作権を保護して、文化の発展に寄与することを目的とするもの」です。
むずかしい言い回しですね。
要するに、創作物を作った人の権利を守って、勝手に複製されたり、販売されたりしないようにしましょうってことです。
この著作権の中に、OSやアプリケーションなどのプログラムも含まれるようになりました。
また、データベースも保護の対象となっています。

著作権には、他人に譲渡等ができない著作者人格権と、譲渡等ができる著作財産権に大別できます。
前者は、著作者自身の人格保護を目的としているもので、後者は著作物から発生する利益を保護するものです。

ま・・・簡単にまとめちゃうとこんな感じですかね^^;

そして・・・今日も帰り電車が遅れました。
ここのところ毎週遅れたり止まったりしてますね。
しっかりしてください JR東海道線
運賃高い割りに、すぐに遅れたり止まったりするんですよねぇ・・・。

さて・・・試験までいよいよあと3日です。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(1) 
共通テーマ:資格・学び

.COMマスター勉強中その6 ☆Apacheのログ☆ [.COMマスター]

さて・・・追い込みをかけましょう。
今回は今まで見過ごしていたんですが、過去問をみると毎回出題されているApacheのログについてです。

WEBサーバのソフトウェアとして一番広く使われているApache
このソフトから出力されるログは、書式文字列というものを指定することにより、欲している情報を得ることができます。

書式文字列は・・・
%l クライアントの識別子(inetd)
%b そのリクエストで行われたデータの転送量(bytes)
%h リクエストしたコンピュータのIPアドレス
%r リクエストの最初の行
%t リクエストされた時間
%u クライアントのユーザー名
%s ステータスコード
のようになってます。
ややこしいですよねぇ・・・。
これらの書式フォーマットは
LogFormat "書式" 書式名
という形で指定することによって、ファイルに出力する書式を指定します。
また
CustomLog ファイル名 書式名
と言う形で、出力するログファイル名とLogFormatで指定した書式名を指定することによって、たいおぷするLogFormatの書式でログファイルに出力されます。

実際のテストでは、出力されたログを解析するような問題が多いですね。
さて・・・明日は病院ですが、待ち時間も長いのでしっかりと勉強します。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

.COMマスター勉強中その5 ☆ルーティングプロトコル☆ [.COMマスター]

今日はめちゃくちゃ寒いですね・・・。
雨が降らなかったのは良かったですが、一日中曇ってて・・・。
今週末は、土日とも予定が立て込んでて山に登れなそうだったので今日がラストチャンスだったんですが・・・
あいにくこの天気ではダメですね。

さて・・・以前にちょこっと触れたルーティングプロトコル。
同じネットワークの中で使われるものと、ネットワークを跨いで使われるものに大別されます。
前者はIGPと呼ばれ、後者はEGPと呼ばれます。
IGP,EGP、それぞれさらに詳細に分かれているので以下に示します。

IGP
①RIP(Routing Information Protocol)
 IP用のルーティング・プロトコルとして、古くから使われているものです。
 UDPのブロードキャストを使用して、経路情報を隣接ルータに通知します。
 また、ディスタンス・ベクタ・アルゴリズムというものに基づいているのも特徴です。
 RIPの改良版として、RIP2というものがありますが、これはUDPのマルチキャストを使用しています。
 また、RIPはクラスレスに対応していません

②OSPF(Open Shortest Path First)
 IETFのOSPFWGで開発されたIP専用のプロトコルです。
 IPのマルチキャストを使用して、経路情報を隣接ルータに通知します。
 またリンクステート・アルゴリズムに基づいているのも特徴です。
 OSPFでは、情報が更新された場合に差分のみを情報交換します。

EGP
①BGP
  ネットワーク間の経路情報を交換するために設計されたルーティング・プロトコルです。
  TCPのユニキャストを使用して、情報を通知します。
  また、バスベクトルというアルゴリズムに基づいています。

テキストにはあまり詳細に書かれていないのに、ここ数年毎回出ているこのルーティングプロトコル・・・。
確実に点をとっておきたいところですね


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(1) 
共通テーマ:資格・学び

.COMマスター閑話休題 ☆RSSフィード☆ [.COMマスター]

さっき、管理ページを見ていたら、お知らせのところにRSSフィードの仕様変更ということで掲載されていたので、便乗(?)してRSSのお勉強です。
ちなみにこのRSS、.COMマスターの試験範囲です。(ブログもですけど)

さて・・・ブログを見ていると良く目にするRSS。これって何でしょう?
簡単に言うとXMLというマークアップ言語によって記述されたサイトの要旨を提供するフォーマットのことです。
ブログのタイトルやURL、更新日時などを提供していて、それらの情報が更新されるとRSSが自動生成されて、RSSフィードというものによって情報が提供されます。
これを収集するツールをRSSリーダといい、そのリーダを使って、いろんなサイトの更新情報を集めることができるんですね。
世の中便利になったもんです。

突如思い立ったので乱文になってしまいましたが、簡単に言えばそういうものです。


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

.COMマスター勉強中その4 ☆APOPとか☆ [.COMマスター]

前回学習したSMTPとPOP3ですが、2つのプロトコル共に、セキュリティ面に若干の不安要素があることも併せて学習しました。
まず、SMTPですが、これはそもそも「認証」という機能を持っていません。
なので、簡単に不正を行うことが可能です。
そこで登場するのがSMTP AUTHとPOP before SMTPです。
SMTP AUTHは チャレンジレスポンス認証を行うことによって、セキュリティを高めます。
しかし、これを行うためには、サーバ、クライアント双方が対応していることが必要です。
このことが原因であまり一般的に普及はしていないようですね。
そして、POP before SMTPですが、これはPOP3のもつ認証機能を利用するものです。
ユーザがメールを受信する際にPOP3を使用して認証を行うと、その認証情報を一定期間保持して、その保持している間はメールの送信を許可するというもの。
ただし、これも万全ではありません。
DHCPを使ってる環境などでは、他のユーザが自分が使い終わった後に同じIPアドレスをふられることもありますからね。

そして、次はメール受信のPOP3のセキュリティについてです。
こちらは、パスワードを暗号化して送信するAPOPと、メールの内容自体を暗号化してしまうPOP3 over SSL です。
APOPの利用には、APOPに対応したメールソフトが必要となるようです。

さて・・・ざっと概要はこんなところでしょうかね・・・。

1日の勤務時間7時間15分のうち、打ち合わせが5時間もあったため、頭が朦朧としてます^^;
おかげで仕事がはかどらず、残業を余儀なくされましたし・・・・。

さて・・・明日一日とあさって午前中行けば今週はお休みです。
今日は相棒みれるかな・・・・?


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び

.COMマスター勉強中その3 ☆IMAP4☆ [.COMマスター]

こんばんは。
夜の冷え込み具合はすでに冬ですね・・・。
一日変な天気だったんで、いまいち調子がでませんが、メールに関するプロトコルのお勉強です。

前回、メールを受信するプロトコルとして、POP3を学習しましたが、POP3には実は次のような弱点があったんです
①サーバにメールを残せない
 POP3では、一度サーバからメールを受信してしまうと、サーバにあったメールは削除されてしまいます。
 「別にいいじゃん」という声もありそうですが、複数のPCを使ってる場合、家のデスクトップで受信してしまったメールを外出先でも見たいなんてことになったりしないでしょうか?
 モバイル環境が整えば整うほど、POP3には限界が見えてきてしまいました。

②メールを選んで受信できない
 POP3では、サーバにあるメールをまとめて受信してしまいます。
 外出時など、通信速度の遅い回線を使ってる場合には、ちょっとキツイですよね。

③メールをサーバで管理できない
 これは、①とも通じるものがありますが、基本的にメールってクライアントでしか保存・フォルダわけしてないですよね?
 POP3は受信用のプロトコルなので、仕方がないのですが、家のデスクトップから送信したメールが外出先からは見れないって不便じゃないですか?

まぁ・・・他にもありそうですが、基本的にはこんなところです。

そして、それらを解消したのが「IMAP4」です。
まず、①についてですが、「IMAP4」では、メールの削除を任意でおこなうことが可能です。
②についても、メール一件別に受信の選択ができちゃいます。
そして、③については、サーバの中にフォルダを任意で作成でき、そこに送信メールであろうが、下書きメールであろうが保存が可能です。
・・・と一見いいこと尽くめですが、ちょっと気がつきましたか?
それは、サーバに負荷をかけるんじゃないかということ。
そうなんです。この「IMAP4サーバ」かなり高性能なことが要求されます。
なので、あまり普及していないのが現状なんです。
ただ、今後モバイル環境がさらに拡大していけば、必要に迫られて一気に普及するなんてこともあるかも・・・・?

さて・・・IMAP4のコマンドですが、これははっきりいって多すぎです。
なので手抜きしちゃいます。ここ見てみてください
http://www.atmarkit.co.jp/fnetwork/rensai/netpro09/imap4-command.html

他にもIMAP4でおさえるべきものとしてシステムフラグなんてのもあるんですが、それはあまり難しくないので、さらっと・・・・(手抜きです・・・)


nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:資格・学び
前の10件 | - .COMマスター ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。